2011年02月01日

今月のミュージックマガジン(2012.2)




佐野元春の表紙だけで80年代にどっぷり元春にはまっていたワタクシとしてはうれしい特集。巻頭の木村ユタカさんのヒストリー解説から本人インタビュー。そしてディスクレビューも網羅。

個人的には、ラジオや雑誌、カセットブックに12インチなど音楽がオブジェクトとして重宝されていたいい時代のあれこれを元春を通じて知ったことが今の価値観だったり仕事にも生かされていると思うと実に面白い。

元春といえば、世代的に断然、Visitorsが衝撃的だった。あの音楽をNHKのFMで聴いたのが衝撃的でエアチェックというのが当時の10代のオンガク好きの典型的な行動パターンでした。そこから得られたものって大きいなと思った次第。

音楽もさることながら、その当時の時代性をも感じさせる特集でした。他はあまり印象には残らずでした。


以下は、アマゾンの目次をコピペ。

【特集】 佐野元春の30年

1980年代の幕開けとともに颯爽と登場した佐野元春は、都市にうごめく若者の鼓動を新鮮なビート感覚で歌い綴り、それまでの日本にはなかった新たなロック・ミュージックを切り拓いた。過去の音楽に対する膨大な知識と同時代音楽へのヴィヴィッドな感受性を持ち、ラジオ、テレビ、インターネットなど様々なメディアにもアクティヴに関わりながら、2010年にデビュー30周年を迎えた。そのアニヴァーサリー・イヤーの締めくくりとして1月に登場するセルフ・カヴァー作『月と専制君主』のリリースを機に、稀代のロッカーの30年に迫る。

■ リスナーとの強い信頼関係が成り立たせる良質なロック(木村ユタカ)
■ インタヴュー~作ったのも自分、こわすのも自分、また再生するのも自分(能地祐子)
■ ヒストリー&オリジナル・アルバム・ガイド1980~2011
 (1)1980~1982 衝撃のデビュー(志田歩)
 (2)1983~1993 ザ・ハートランド時代(今井智子)
 (3)1994~2003 ホーボーキング・バンドの結成(増渕俊之)
 (4)2004~ デイジーミュージックの立ち上げ(長谷川博一)
■ 真骨頂を示すライヴ盤5作品(長谷川博一)
■ 代表曲/シングル~ストリートに鳴り響くサウンド、心に残るメッセージ(今井智子、西上典之、伊藤亮、志田歩、宗像明将)
■ 佐野元春は、新しいメディアを制覇する(小川真一)
■ ロックの日本語レヴォリューション(サエキけんぞう)

□ 鈴木慶一
曽我部恵一との3部作完結編(北中正和)
□ 毛皮のマリーズ
メジャー2作目を語る(岡村詩野)
□ 坂本真綾
堀込高樹&冨田恵一、スネオへアーらが参加の新作(宗像明将)
□ 石橋英子
ジム・オルークがプロデュースする話題の女性(小山守)
□ エイジアン・ダブ・ファウンデイション(大鷹俊一)
□ ワイアー(安藤優)
□ オリヴィエ・マンション(クレア&ザ・リーズンズ)(真保みゆき)
□ アソビ・セクス(山口智男)
□ フレディー(松永良平)
□ DOZ(阿部泰之)

Tune In!
◇ アデル
◇ デヴィッド・リンチ
◇ アクロン/ファミリー
◇ アイアン&ワイン
◇ オオルタイチ
◇ MONOBRIGHT
この雑誌について
ロックを中心に世界の最新の音楽を鋭く評論
posted by nizimasu at 10:27 | TrackBack(0) | ミュージックマガジン
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/43126966
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック