2011年02月04日

1月の読書

1月の読書メーター
読んだ本の数:15冊
読んだページ数:1663ページ

ホームページ担当者が知らないと困るケータイサイト構築・運営の常識ホームページ担当者が知らないと困るケータイサイト構築・運営の常識
初心者向けでよくまとまっていた。役に立つよ
読了日:01月30日 著者:佐藤 和明
投資の大原則投資の大原則
この本の勝る原則論なし。
読了日:01月28日 著者:バートン マルキール,チャールズ エリス
経済とお金儲けの真実経済とお金儲けの真実
起業とかお金にまつわる話が中心の3章以降も楽しいが、個人的にはマクロ経済と日本経済の問題点を指摘した1、2章が難しい経済の問題を整理してあって読みやすかった
読了日:01月27日 著者:飯田泰之,坂口孝則
ゆたかな人生が始まる シンプルリストゆたかな人生が始まる シンプルリスト
リストを作るという考え方はGTDに似ている。それに禅の考えを取り入れていてシンプルという言葉で今の時代のムードとかにあうのかなと思いました
読了日:01月27日 著者:ドミニック・ローホー
ブックビジネス2.0 - ウェブ時代の新しい本の生態系ブックビジネス2.0 - ウェブ時代の新しい本の生態系
問題意識としては津田大介さんのいう電子書籍で著者や編集者がくえるかというところに行き着く。実はできると思うんだけど、今度は取材ができない人が増えると思ったり…。まあもやもやした読後感の本です。ちなみにDOMMUNEが1万人の視聴者で驚いていたけどWIREとか考えたら全然普通ですね。無料だし
読了日:01月27日 著者:岡本 真,仲俣 暁生,津田大介,橋本大也,長尾真,野口祐子,渡辺智暁,金正勲
お金で失敗しない人たちの賢い習慣と考え方お金で失敗しない人たちの賢い習慣と考え方
行動経済学の名作らしい。投資での間違いがなぜ起こるかという人間の行動を分析している。この本は選択の科学とあわせて読むと理解が深まりそう。それにしても人間の不合理なことこの上ない。
読了日:01月27日 著者:ゲーリー ベルスキー,トーマス ギロヴィッチ
電子書籍革命の真実 未来の本 本のミライ (ビジネスファミ通)電子書籍革命の真実 未来の本 本のミライ (ビジネスファミ通)
電子書籍は課金ビジネスだと思いました。意外と儲からんという話ですね。初期投資が少なくてすむのが利点だけど、資本力がモノをいう世界なのですね
読了日:01月26日 著者:西田 宗千佳
COURRiER Japon (クーリエ ジャポン) 2011年 03月号 [雑誌]COURRiER Japon (クーリエ ジャポン) 2011年 03月号 [雑誌]
第一特集が「才能」なのですが、天才遺伝子の話とかはさておき、物事を習得するにはきちんとした指導者のもとで「1万時間の法則」で、学ぶのがいいという話は納得。結局、さっさと仕事をやめる新入社員がスキルを身につけないのというのもわかりやすい
読了日:01月26日 著者:
クロワッサン 2011年 2/10号 [雑誌]クロワッサン 2011年 2/10号 [雑誌]
節約の特集ですが、マガジンハウスの断捨離プッシュぶりは尋常ではありません。
読了日:01月26日 著者:
創造力の不思議 アイデアは脳のどこからやってくるのか創造力の不思議 アイデアは脳のどこからやってくるのか
創造力が教育の賜物だったりするのだが、天性の面や小さい頃の不幸な環境が天才を生み出すという指摘も面白い。といって、特段結論めいていないあたりも好感が持てる
読了日:01月26日 著者:アルベルト・オリヴェリオ
kotoba (コトバ) 2011年 01月号 [雑誌]kotoba (コトバ) 2011年 01月号 [雑誌]
最近の経済問題を網羅。斎藤貴男氏が巻頭を担当。全体的に福祉国家やグリミン銀行、環境などの潮流の紹介が多いかな
読了日:01月26日 著者:
ほったらかし投資術 インデックス運用実践ガイド (朝日新書)ほったらかし投資術 インデックス運用実践ガイド (朝日新書)
インデックスの方が合理的なのでしょうが、人間は根本的にギャンブルが好きなんだよなあ。積立貯金のような感覚でするのがいいみたいという本
読了日:01月25日 著者:山崎 元,水瀬ケンイチ
日本経済論―「国際競争力」という幻想 (NHK出版新書 340)日本経済論―「国際競争力」という幻想 (NHK出版新書 340)
これだけ切れ味鋭い日本経済論は久々。小泉ー竹中路線を新自由主義ではなく「重商主義」と喝破するあたりも見事
読了日:01月24日 著者:松原 隆一郎
誰も知らない印象派 娼婦の美術史誰も知らない印象派 娼婦の美術史
印象派のイメージとは違う当時のパリの風俗が垣間見える
読了日:01月23日 著者:山田登世子
人間はガジェットではない (ハヤカワ新書juice)人間はガジェットではない (ハヤカワ新書juice)
ネットに対する違和感が解消する本
読了日:01月23日 著者:ジャロン ラニアー

読書メーター
posted by nizimasu at 11:52 | TrackBack(0) | BOOKS

デフレ実感

というのは今頃という感じですが、普段あまり高いものを買わないので気づかなんだ。

年末から、ファックスが壊れ、今度はDVDまで。高い買い物はいたい出費なのだが、買い替えてみるとずいぶん、性能が良くなっているのがわかる。

FAXも無線LAN標準で印刷のレベルも雲泥の差。DVDの画質やこれまたLANまで標準だと便利なことこの上ない。

ムーアの法則もびっくりである。

ところが、肝心のお値段が随分と安くなったものだ。先日、やむにやまれず、MAC版のOFFICeも買ったがこれもえらく安くなっている。

最近ではフリーソフトやグーグルでも事足りるといえば、そうなのだが、それにしても機能の向上といい、まるで別時代のようである。

実は、このソフトやDVDも使いこなす頃には別の機種に買い替えるようにできているのであろうが、こんなにもデフレが進むとはと実感したであります。特に落ちはないのでした。
posted by nizimasu at 11:32 | TrackBack(0) | 雑談