2011年02月01日

最近の美術展

1101kokuritu2.jpg

日本画の前衛展という不思議なタイトルに引かれていってきたのが国立近代美術館。日本画というイメージを完全に覆されましたよ。しかもそれが戦前から綿々と続いていたことにも驚きました。

1101kokuritu1.jpg

今回の展示の中心となっているのが「歴程美術協会」に参加した人たちの作品がメイン。日本画にキュビズムや抽象画の概念や手法を持ち込みなんとも、戦前や戦中とは思えない異形の(いい意味で)作品群のパワーに圧倒されます。

最初に入った時に感じたイメージがまさに漫画の「ガロ」であった。アングラで作家のエゴむき出しの世界観。ガロの前風景として、今回の前衛日本画といいますか、歴程美術協会を考えるとなんだか、日本のサブカルの原点まで感じ入ることができてこれまた満喫でした。

~2/13 国立近代美術館にて。その後は、広島県立美術館を巡回。



1101kindai1.jpg

翌日には上野の西洋美術館に久々に。

1101kindai2.jpg

ロダンも考えていましたが…。少し前に、「怖い絵」のシリーズで話題の中野京子さんの本を読んでいたので近代以前の西洋画にも興味が。さらにはここの企画展で開かれていた「アウトサイダーズ」という展示が気になったのでいってみました。

img_outsiders201012_1.jpg

要は当時の絵画のモチーフとなった異端の人々を描いた作品の展示なのですが、この人権意識高まる中、きちんとこういう形で企画展に落とし込むあたりは企画した方の熱意が伺えます。作品自体は小さなサイズの版画がメイン。しかも職業や外国人にたいするまなざしみたいなものが伺えて非常に興味深い作品が多数でした。

常設展も行きましたが、松方コレクションのすごさはイマイチまだわからないのですが印象派以降の作品もたくさんあって結構満喫してしまった。

中野京子さんの本をよむと美術に対する関心がふわっと自分の中に染みこんでいくのがわかります。先入観なしでもいいのですが、やはり当時の時代背景や作品のモチーフなどを知りつつみるとより鑑賞が楽しくなるのですね。そんなことを認識させられる展示で、これまたよかった。

タグ:上野 竹橋
posted by nizimasu at 11:24 | TrackBack(0) | diary

「冬の北海道物産展」@小田急新宿

201201bento.jpg

昨日までだった小田急の北海道物産展に。それにしても随分、北海道の物産は定番になりました。

実は、奥様に前の週に、こちらで豚丼のお弁当を買ってきてもらったのですが、これが抜群の美味。ドライブイン「いとう」というお店のようだったようです。

にしても海鮮にお肉にスイーツにテンションあがる食べ物がもりだくさん。
タグ:新宿
posted by nizimasu at 11:05 | TrackBack(0) | ご飯

今月のミュージックマガジン(2012.2)




佐野元春の表紙だけで80年代にどっぷり元春にはまっていたワタクシとしてはうれしい特集。巻頭の木村ユタカさんのヒストリー解説から本人インタビュー。そしてディスクレビューも網羅。

個人的には、ラジオや雑誌、カセットブックに12インチなど音楽がオブジェクトとして重宝されていたいい時代のあれこれを元春を通じて知ったことが今の価値観だったり仕事にも生かされていると思うと実に面白い。

元春といえば、世代的に断然、Visitorsが衝撃的だった。あの音楽をNHKのFMで聴いたのが衝撃的でエアチェックというのが当時の10代のオンガク好きの典型的な行動パターンでした。そこから得られたものって大きいなと思った次第。

音楽もさることながら、その当時の時代性をも感じさせる特集でした。他はあまり印象には残らずでした。


以下は、アマゾンの目次をコピペ。

【特集】 佐野元春の30年

1980年代の幕開けとともに颯爽と登場した佐野元春は、都市にうごめく若者の鼓動を新鮮なビート感覚で歌い綴り、それまでの日本にはなかった新たなロック・ミュージックを切り拓いた。過去の音楽に対する膨大な知識と同時代音楽へのヴィヴィッドな感受性を持ち、ラジオ、テレビ、インターネットなど様々なメディアにもアクティヴに関わりながら、2010年にデビュー30周年を迎えた。そのアニヴァーサリー・イヤーの締めくくりとして1月に登場するセルフ・カヴァー作『月と専制君主』のリリースを機に、稀代のロッカーの30年に迫る。

■ リスナーとの強い信頼関係が成り立たせる良質なロック(木村ユタカ)
■ インタヴュー~作ったのも自分、こわすのも自分、また再生するのも自分(能地祐子)
■ ヒストリー&オリジナル・アルバム・ガイド1980~2011
 (1)1980~1982 衝撃のデビュー(志田歩)
 (2)1983~1993 ザ・ハートランド時代(今井智子)
 (3)1994~2003 ホーボーキング・バンドの結成(増渕俊之)
 (4)2004~ デイジーミュージックの立ち上げ(長谷川博一)
■ 真骨頂を示すライヴ盤5作品(長谷川博一)
■ 代表曲/シングル~ストリートに鳴り響くサウンド、心に残るメッセージ(今井智子、西上典之、伊藤亮、志田歩、宗像明将)
■ 佐野元春は、新しいメディアを制覇する(小川真一)
■ ロックの日本語レヴォリューション(サエキけんぞう)

□ 鈴木慶一
曽我部恵一との3部作完結編(北中正和)
□ 毛皮のマリーズ
メジャー2作目を語る(岡村詩野)
□ 坂本真綾
堀込高樹&冨田恵一、スネオへアーらが参加の新作(宗像明将)
□ 石橋英子
ジム・オルークがプロデュースする話題の女性(小山守)
□ エイジアン・ダブ・ファウンデイション(大鷹俊一)
□ ワイアー(安藤優)
□ オリヴィエ・マンション(クレア&ザ・リーズンズ)(真保みゆき)
□ アソビ・セクス(山口智男)
□ フレディー(松永良平)
□ DOZ(阿部泰之)

Tune In!
◇ アデル
◇ デヴィッド・リンチ
◇ アクロン/ファミリー
◇ アイアン&ワイン
◇ オオルタイチ
◇ MONOBRIGHT
この雑誌について
ロックを中心に世界の最新の音楽を鋭く評論
posted by nizimasu at 10:27 | TrackBack(0) | ミュージックマガジン